グリンのおもしろダイアリー

趣味のこと、大好きなジュリーのこと、家族の面白かった会話など、覚えておきたいことを書き留めて行こうと思います。

ジュリーライブ 渋谷 〜続き〜

追加公演にフンコーして中身のことなーんも書いてませんでした。ただ、私の記憶力の悪さと修業不足から正確な内容をお伝えするのは出来ないので、感想を。

f:id:grin21:20220727120444j:image

座席のこと

今回は以前書いたように、流れチケットを幸運にもゲットできたのです。↓

チケット、真夜中の放流にびっくり - グリンのおもしろダイアリー

ホンマ、奇跡的でした。

座席がどのようにして決まっていくのかがよくわかりませんが、流れチケットだったので期待はしていなかった。で、やはり良席ではありませんでした。でも、高~いところからとはいえ、正面。見下ろすほどではない。会場の広さから行ったら、東京国際フォーラムの遠さに比べると全然近い。

まるで、ここだって分かってたから流したの?というような席だったけど、十分楽しませてもらいました。

想像するに、取れたチケットのダブり具合から、時間的に一番遅いタイミングで取れたチケットを流したのかな~?などと邪推しています。深読み、すな〜、て言われそうですね。

会場の雰囲気

前の方の席に70代?と思しきグループが居て、久しぶりの再会を楽しんでいる様子。ちょっとお喋りが過ぎるので、少し離れた席の別のグループの人達も気にしていたみたい。でもなんかめっちゃ楽しそう。全体的に杖ついている人も結構多いな。

渋谷は初めてだったけど、このくらいの狭さは好きだな。1,956席かあ。

大阪のフェスティバルホールで2,700席。

枚方市総合文化芸術センターの関西医大 大ホールには来てくれないかなァ。市民会館を建て替えてすごくきれいになったし。1,468席だとちょっとキャパ不足かしら?

f:id:grin21:20220727121403j:image

さて。

コスチューム

登場したとき、なんじゃこりゃ?セスナのパイロット?と思い、オペラグラスで確認。ゴーグルして、あ!傷だらけの天使」オープニングのショーケン??のオマージュ?ですよね?誕生日、7/26やし。

次々と服を脱いでいくので可笑しかったよ~。

でもちょっと、「ぷく」てなってる。「土を喰らう」のツトムではなくて、「キネマの神様」のゴウちゃんね。髪の毛も。

セトリについては、知ってるけど題名が出て来ない〜、な私なので、ジュリーファン歴の長い方にお任せするとして。

まず初めから、飛ぶ!ブリゼ!(バレエで言うところの、空中で足を打ちつける動作) ジュリー、ライブでは必ずこれしますよねー。74歳のする事ちゃうで。

私、これ、出来へん。バレエ齧ってるけど。でも、これが出来るかどうかで体調の良し悪しの目安となるよね。

私の場合はいつも夫とニコイチでの参戦です。で、夫はいつもライブを見ると、俺らも頑張らなあかん!と思うそうです。ステージをところ狭しと動いても息切れしない。休憩挟まずぶっ通し。ゲストは呼ばないから、ずーっと一人。これ、グループだと、ひとりで楽器演奏とか、ソロで一人ずつ歌うとかもあるし、20分くらいの休憩入れるアーティストもいるし。

だからジュリーはすごいんですよ。

で、途中で私に耳打ちしてきた。「前のご婦人たち、すごい!」って。

拍手の手の動きも大きく、頭揺らして、もうノリッのり!!

それ見て、「俺、ライブの楽しみ方、分かったわ」とか言い出して、めっちゃ面白かった。そうよ、私ら、おとなしすぎるのよ。

 

ああ、それにしても、いつになったら声出し&スタンディング、できるんでしょうねえ~。