グリンのおもしろダイアリー

趣味のこと、大好きなジュリーのこと、家族の面白かった会話など、覚えておきたいことを書き留めて行こうと思います。

お墓について考えてみた

先週のお彼岸の日、自分達の入る予定のお墓を掃除して来た。

夫は次男で、田舎に大きなお墓があるが、自分達がそこに入るわけではない。私も実家のお墓があるけど、兄がいる。

いまはお墓も多様化してるし、この先どうする?と考えたのが50代初めだったか。

お墓を持たない、という考え方もあるし、死んでまで◎◎家のお墓に入りたくない、という人もいるし、樹木葬なんてのもあるけど。

ピクニック気分で、夫と近隣の霊園に出掛けてみたのもその頃。今の墓地事情を調べてみよう、ということで。

家から車で一時間以内で、3つ4つ行ってみた。

お墓の形にも流行りがあるようで。昔からの縦長いもの、横型の洋墓。

ほぉ、書いてある文字も自由なんだな。

サークル墓とか、同じ宗教(クリスチャンとか)の人のお墓とか。自分の入るお墓を持たない人も多いから、複数の人達でお墓を作ってたりするんですね。

墓地でも、後継ぎが途絶えたり、世話する人が居なくなったお墓などの整理がされて、寄せ墓にしている一画もある。

さて、うちの場合はどうすれば??

・男子が二人いるが、未婚。先はどうなるかわからない。

・葬式は小さく、でよい。

・死んだら終わり、その先はどのようにしてくれてもかまわない、というのが夫と私の共通な考え。

・かといって、いつまでも骨壺を家に置いとく訳にもいかんでしょ?

・散骨してくれ、とか、樹木葬とか、いろいろあるらしいけど、それはこちらの勝手な希望。もし伴侶が、「南の海の◎◎に散骨してほしい」なんて言ったら、私くらいは何とか叶えてあげたいと思うけど、息子たちは、「うえ~!!なに?そのややこしいい遺言!!」とか言い出しかねない。

・となると、お坊さんを呼んで、近所の◎◎会館で小さなお葬式をして、家からそう遠くない墓地に埋葬する、ってえのが一番シンプルなんじゃね??

となった。そして、30年分くらいの墓地管理料を残しといたら十分か、と。(あ、これ、エンディングノートに書いとかないと。)

・とりあえず自分たちの入るところだけは確保しておいて、あとのことはお好きなように、みたいなのが、結局子供達も楽なのでは??

死んだ後までああしてくれ、こうしてくれ、と言わないのが、子供孝行かもね〜、と考えて、数年前に購入したのです。

もちろん、そんなことも含めて、どうでもいいって人もいるけど、私と夫は、どちらかが没した後も、しばらくはお墓参りに行きたいし。。。ね。

お墓って、亡くなった人のためにあるんではなくて、生きている人のためにあるんだよと思ったのです。

電車の中で会話してるおばちゃん、声でかいで〜

今日の事なんですけど、乗った電車の中でオバチャンが話してる。

一人がメッチャ声大きいねん。

色々会話が続いてて、何気に聞いてたんですが、、、

突然、

A:ところでお幾つになられました!?

(ぎょっ!回りの乗客が一瞬、全員、ダンボ耳になったような気がした!)

B:あ、、、よ、よんじゅうごになりました・・・。(;^_^A アセアセ・・・

(乗客、多分思っただろう。へーこの人、45歳なんや~。)

A:そうですか~、私、さんじゅうく。もうすぐ40ですよ~。

B:・・・お若く見えますよ、、、。

もうここで私は吹きそうになったので、反対側向いてうつむいてたけど、なんかマスクしてて良かったァ~。

〜・〜・〜

男女関わらず、会話するときに音量調整できない人ってたまにいますよね。あれってなんなんですかね~??

相手の人が気の毒だったな、、、。

静岡散歩③ 三保松原(みほのまつばら)

静岡プチ旅行2日目はJR清水駅から三保松原へ。

f:id:grin21:20220921115614j:image

爽やかなお天気に恵まれました。暑かったですが、日陰は結構涼しく、大阪とは違います。
f:id:grin21:20220921115637j:image

美穂神社の正面から三保松原の海岸へ続く神の道を通って行きます。
f:id:grin21:20220921115605j:image

この空の青さ。
f:id:grin21:20220921115602j:image
海岸へ出ました。富士山には雲が掛かっていましたが、この空の色!!
f:id:grin21:20220921115629j:image

f:id:grin21:20220921120545j:image

f:id:grin21:20220925075253j:image天女が羽衣を掛けたという羽衣の松。

資料館の2階から。富士山が見えます。
f:id:grin21:20220921120549j:image


f:id:grin21:20220921120542j:image

ところで、三保の松原の松の状況を写真に撮ってきました。

昔から景勝地として有名ですが、松林の範囲は狭くなり、害虫や固結層(これも人為的なもの)が原因で松枯れがひどいため、保全活動が行われています。

松には可哀そうになるくらいタグがたくさんついています。
f:id:grin21:20220921115558j:image


f:id:grin21:20220921115609j:image

タグには、いつ、どんな薬剤を、どのくらい注入したか、等が記録されています。
f:id:grin21:20220921115621j:image

松が茶色くなっていて痛々しい。
f:id:grin21:20220921115618j:image
f:id:grin21:20220921115633j:image

海岸から出てきた茶屋(お土産屋さん)でひと休憩しました。

f:id:grin21:20220921115927j:image

安倍川餅をお茶で。
f:id:grin21:20220921115924j:image

清水駅
f:id:grin21:20220921115921j:image

ここからまたJR静岡駅へ向かい、帰路に着きました。

↓ こちらもどうぞ。

静岡散歩①JR静岡駅近辺 - グリンのおもしろダイアリー (hatenablog.com)

静岡散歩② 駿府城跡 - グリンのおもしろダイアリー (hatenablog.com)

静岡散歩② 駿府城跡

さて、JR静岡駅から呉服町を通り、歩いて駿府城へ。
f:id:grin21:20220919173652j:image

お堀の橋を渡ります。

f:id:grin21:20220925064527j:imagef:id:grin21:20220919173648j:image


f:id:grin21:20220924193848j:image

f:id:grin21:20220924193851j:image

ポプラの木

f:id:grin21:20220920221018j:image

桜が青葉を繁らせ、心地良い木陰を作ってくれています。
f:id:grin21:20220920221006j:image

徳川家康

家康公お手植えのミカン。徳川家康が幼少の頃に植えたミカンの木が今も。
f:id:grin21:20220920221036j:image

青い実がついていました。

f:id:grin21:20220924170950j:image

駿府城では今、天守台の発掘調査が行われていて、発掘現場を見ることができます。

f:id:grin21:20220921115126j:image

とても広い。
f:id:grin21:20220920221043j:image

f:id:grin21:20220921115101j:image

発掘調査をしている近くに、坤櫓が建っています。二重屋根ですが、内部は三重構造になっています。さて、なんて読むか知ってます??「ひつじさるやぐら」って読みます。二ノ丸の南西の方角に位置する櫓の意味です。

f:id:grin21:20220920221022j:image

入館料100円。
f:id:grin21:20220920221014j:image

釘などは使わずに建てられており、設計図の展示も。これ、マニアの人にはたまらんと思います。
f:id:grin21:20220920221010j:image

入らずに通り過ぎるのはもったいないです。駿府城に行かれたらぜひ!!

↓ こちらもどうぞ

静岡散歩①JR静岡駅近辺 - グリンのおもしろダイアリー

静岡散歩③ 三保松原(みほのまつばら) - グリンのおもしろダイアリー

静岡散歩①JR静岡駅近辺

高橋真梨子さんのコンサートで行った静岡。プチ旅行のご報告がまだでした。

f:id:grin21:20220919173717j:image

JR静岡駅です。

今川義元と幼き頃の徳川家康(竹千代)像が出迎えてくれました。
f:id:grin21:20220919173645j:image

静岡駅から出て呉服町通りを歩きます。
f:id:grin21:20220920215328j:image

さすがに静岡。お茶のお店がたくさんあります。9月とは言えまだまだ暑い。給茶スポットはありがたいです。

f:id:grin21:20220920220629j:image

おしゃれなお茶のお店。
f:id:grin21:20220919173709j:image

 

 

下のお店は、丸七製茶株式会社さん。

f:id:grin21:20220924171029j:image

スイーツファクトリーななやさんを併設していて、抹茶やほうじ茶など、いろんなジェラートを販売、店内で食べることもできます。1階だけじゃなくて2階も。素敵な空間です。

f:id:grin21:20220920215255j:image

ジェラートは、駿府城公園へ行った後、帰りに寄りました。

f:id:grin21:20220924171058j:image

2階でゆっくり濃厚ジェラート。ホットのほうじ茶も一緒に。
f:id:grin21:20220924171102j:image

すっごく美味しかった。こんなの、初めて。

↓ 下記へ続きます。

静岡散歩② 駿府城跡 - グリンのおもしろダイアリー

静岡散歩③ 三保松原(みほのまつばら) - グリンのおもしろダイアリー

ダンナが一人旅・・・シニアYoutuber 張り切る!

ダンナがYoutubeを始めてほぼ半年。

最初の頃は、近くを散歩しては動画を撮ってアップしていたが、最近はコンサートとプチ旅行を引っ掛けて動画を撮るようになった。視聴者から「いいね」がひとつでもついていると、まず家族に「見た?」と聞きまわり、違うとなると誰かなァ??と。大騒ぎなさいます。

楽し気でいいけどね。

最近は似たようなテーマで動画を上げている人からコメントが来るようになり、ちょっとした刺激がある様子。お互いにコメントしあったりして、Youtubeの幅が広がって来た模様。

次男のYoutuberぶりにも刺激されたようだし。

さて、先週は敬老の日を含めた三連休だった。その前の週は高橋真梨子コンサートで静岡に行ってきたが、ダンナとしては金沢へ行こうと兼ねてから思っていた様子。

f:id:grin21:20220924130641j:image

そしてついに、私を置いて、一人金沢へ。ダンナは学生時代を金沢で過ごしており、どうやらそのころの懐かしいところへも訪ねたいようで、そういったところは観光地ではないから、一緒に行っても楽しくないだろうと思ったのね。

実は30年前に二人で行ったことがある。その時は金沢城にも行き、大学の跡地も見た。

今回はすっかり綺麗に生まれ変わっていて、完全に観光地らしく生まれ変わっていてびっくりしたらしい。撮ってきた動画を見ると私も行きたくなって来た❣️

ダンナが金沢で食べた大名丼がすごすぎた!! 

f:id:grin21:20220923165501j:image3,180円だって!!

 

↓ こちらの記事もどうぞ。

grin21.hatenablog.com

grin21.hatenablog.com

 

京都で失敗いくつか。今日はそんな日??

南座で超歌舞伎を楽しんだ後は、お腹がペコペコ。カレーでも食べて帰ろうとして、でも特に当てもなく人の少ない方へ歩き出した。

f:id:grin21:20220920221300j:image

四条大橋を渡って木屋町通りを五条の方へ。ぶらぶら。見つけたカレー屋さん。2:15に店に入ろうとしたら、2時ラストオーダー。

ネットで検索して、別の店までテクテク。渉成園の横を通り、あったあった、と思いカランカランとドアを開けたら、、、う、2時半ラストオーダー。その時、2:45。

そんな日ですか、今日は。

でももう、カレーモードになっていたので、運動不足を解消するチャンスと、このまま京都駅まで歩いたれ!と、さらに南へ。

伊勢丹地下二階のサンマルコがあるようなので行こうとしたが、見つけられず。でもここまで来て悔しいし、インフォメーションで聞いてみた。カウンター式で、表に貼ってあるレストラン紹介には載ってなかった! そんなー。

でもやっとお昼にありつけた。いやもう、3時過ぎてるけどね。

f:id:grin21:20220920221159j:image

酢漬けのキャベツ。その向こうにはトッピングが自由にできるビンが。落花生、キュウリ漬け、レーズン、パイン。どれも美味しいけど、甘酸っぱいのがカレーに合うので、私はレーズンが一押し。

カツカレー、来ました。
f:id:grin21:20220920221155j:image

カツカレーはサクサクで美味しかった。ちょっと一息つけました。

JRに乗ってもまた東福寺丹波橋で乗り換え必須なので、京阪七条まで歩くことに。今日は頑張るなぁ~。で、ここでやらかした!

地下へ入って改札通って、淀屋橋行きのホームへ行こうとしたけど行かれへん⁉️どゆこと?ホームの端から端まで歩いたけど、なんか行けそうなところは柵があって行けなくなってる。

駅員さんへの連絡ボタンがやけにあちこちにあるから、それを利用することに。呼び出すと、改札の一番端っこの機械でキャンセルしてもらえた。ほっ。再度地上に上がって、道路を渡って、反対側へ。

確かにね、三条・出町柳方面「専用改札口」て書いてあるわ。なるほど、駅員さん連絡ボタンがやけに目についたのは、この事例が沢山あるんだろうね。私みたいに、改札入ったものの、ホーム反対やん、な人が。まさか、改札通ったら反対側へ行かれへんなんて思わんかった。30年前か!まさか七条でこんな目に合うとは。

・・・昔は上りホームと下りホームは別々になってるとこ、確かに多かったな。ちょっとずれてたり。今みたいに高架とか地下で連絡してなくて。

思い出した。